2017.09.02

外に貼るなら屋外用ラミネートポスター印刷

屋外用ポスター印刷

店やイベント会場の外にポスターを設置する場合、通常のポスターよりも丈夫な屋外用ポスター印刷がオススメです。合成紙+ラミネート加工で、通常の紙ポスターよりも長期利用が可能になります。

耐光性+耐水性が高い合成紙に印刷

通常の用紙(半光沢紙や光沢紙など)では、耐水性や紙自体が破れやすく、長期での利用に向いていません。合成紙はプラスチック素材を原料として作った用紙で、湿気に非常に強く、紙自体の強度も高い為波打ったりしません。 利用環境によって異なりますが、合成紙は通常の用紙に比べて長期間の利用に向いています。

ラミネート加工で色あせにくい

合成紙に印刷するだけでも、屋外設置で比較的長く利用できますが、ラミネート加工をすればさらに屋外用ポスターとしての強度が増します。

ラミネート加工を施すことで、表面に傷・汚れがつきにくく雨などの水・湿気から守ります。また、UVカット処理をしていますので、直射日光のような強い日差しを浴びでも色あせにくくなり、長期間きれいな色合いで利用できます。

合成紙のみでも屋外用としてつかえる?

ラミネート加工を行わなくても屋外である程度は長く利用できますが、長期利用できる保証はできません。表面にキズや汚れなどが付いたり、水に濡れるので劣化していきます。

設置場所に応じてポスターの大きさを変更

ポスターの設置場所が限られている場合など、大きさを定型サイズ以外でも作成可能です。例えば縦長のポスターや正方形など、用途に合わせた大きさに変更できます。 サイズ調整する場合の断裁は無料で行います。

まとめ

屋外に設置するポスターは、ラミネート加工をすると割高になりますが、長期利用を考えると帰って割安になる場合もあります。内容の変更がしばらくない場合は、強度を高めるためにラミネート加工を行いましょう。

ラミネートポスター